平成29(2017)年 2月19日(日)

トップ > 活動報告 > 平成28(2016)年度 > 2017/2/19

■2月19日(日)

【作業の概要】

  加古川市で行われた、別府鉄道キハ2号復活プロジェクトのシンポジウムに参加しました。

 この日は兵庫県加古川市で開催された「思い出の別府鉄道レカー(キハ2号)を愛する市民による!復活プロジェクトシンポジウム」のトークショウに呼ばれました。会場は加古川市民会館です。
 別府(べふ)鉄道は加古川市南部、国鉄高砂線(廃線)野口から山陽電鉄別府付近の別府港までの野口線、別府港から山陽本線土山までの土山線を運行していましたが、1984年全線廃止となりました。キハ2号は加悦鉄道キハ101にも似たバケット付きのディーゼルカーで、市内の公園に保存されています。

 開催前の打ち合わせです。机の向こう側は右から若桜鉄道社長の山田和昭さん、ママ鉄アイドルの豊岡真澄さん、守る会代表の誉田勝さん、フリーアナウンサーの北側恵さん、机手前側の奥から2人目は自称粟生線活性化コーディネーターのゆいみのりさんです。

 開始間近です。ほぼ満席です!

 トークショウ「保存鉄道による地域活性化と町の再興について」の中で、当会のプロモーションビデオを上映し活動を紹介しました。

 活発な意見交換が行われました。我らが吉田会長も発言します。
 旧別府鉄道キハ2号を守る会について、詳しくはこちらをご覧ください。



トップへもどる

inserted by FC2 system