加悦鐵道保存会ロゴ

加悦鐵道保存会とは

特定非営利活動(NPO)法人加悦鐵道保存会はどんな団体か、目的や活動内容について紹介します。

トップ > 加悦鐵道保存会とは

■こんな活動をしています

 私たち特定非営利活動法人加悦鐵道保存会は、加悦SL広場・加悦鉄道資料館を中心に、車輌や施設など加悦鉄道遺産を保存継承し歴史を再認することで、観光文化面でのまちづくりに協力しています。その活動は加悦鉄道の車輌のみにとどまらず、他の鉄道会社等からも車輌・施設の譲渡を受け、なるべく生きた状態で保存・展示し、産業遺産として後世に伝える活動をしています。
 こうした活動の結果、2004年春には加悦鉄道キハ101形ディーゼルカーの動態化(エンジンで自走できること)に成功、2005年には他の鉄道の廃線に伴って不要となった踏切を移設・可動状態とし、2008年には入換用ディーゼル機関車KD−4(愛称「カトー君」)を動態復元、いずれも広場のイベントで活躍しています。2014年には、これまでの活動に対し京都府より「地域力再生功労者(団体の部)」として表彰されました。
 現在の会員数は50名ほどで、老若男女、小学生から70歳代まで幅広く、職業もさまざまです。

SL広場車輌清掃
SL広場で催事前の車輌清掃
SL広場修繕作業
木造車輌には定期的な修繕が必要
加悦鉄道資料館模型運転会
加悦鉄道資料館で模型運転会

【当会のプロモーションビデオ】

右下クリックで全画面表示になります

  法人の定款(抜粋)はこちら

■会員を募集しています

 加悦鐵道保存会では、当会の主旨にご賛同いただき、一緒にボランティア活動をしていただける会員を募集しています。活動内容は、保存車輌・施設の整備(ペンキ塗りや掃除)やイベントで踏切の通行監視、バザーでの物品販売など、特に難しいものではありません。興味がある方は、ぜひ一度お問い合わせください。
 年会費は一般6000円(高校生2000円、中学生以下500円)と入会金2000円で会費は会の運営費の他に、活動中の保険料や車輌修復費にも充てられます。また、体験入会も募集しています。
 入会・体験入会ご希望の方は、お問い合わせページから@住所・A氏名・B生年月日・C連絡先・D電子メールアドレス・E入会を希望される動機を電子メールでお送りいただくか、郵便でお送りください。その際電子メールの題名または封筒に「入会希望」とお書き添えください。
 ※社会人ボランティアの性質上、なるべく電子メールでのご連絡をお願いいたします。

お問い合わせページへ

【ご注意】

  1. 当会は非営利のボランティア団体であり、賃金・交通費・食事等は原則支給しませんのでご了承ください。
  2. 運転や車掌等の業務は、入会後一定期間経過ののち、所定の教育を受けた後でなければ出来ません。
  3. 高校生以下の方は保護者の同意が必要です。
  4. ご提供いただいた個人情報は、他者に提供する事はありません。

トップへもどる

inserted by FC2 system